MENU

山形県(さくらんぼ県)

山形県は旧出羽国の南半分です。庄内地方はもともと越後国に属していましたが、奈良時代のはじめの和銅年間に出羽国として独立し、陸奥国から最上、置賜両郡の割譲を受けました。その後、大和朝廷の支配が北進するに従って秋田方面へ領域が拡大していきました。

 

山形県内で最大の藩は米沢藩。関ヶ原以前の会津120万石から江戸中期には15万石になってひどい貧乏藩でした。それを救ったのが上杉鷹山です。緊縮財政ばかりが語られますが、武士の副業として養蚕や米沢織を振興するなど産業政策に力を入れたことにこそ着目すべきではないでしょうか。節約だけで経済が良くなるものでは決してありません。

 

山形市は最上川中流域の中心都市で、足利尊氏の家臣だった斯波兼頼がこの地に拠って最上氏と名乗るようになり、江戸初期には57万石の領地を得て城も拡張されましたが、やがて改かい易えきされ、幕末には老中をつとめた水野忠邦の子孫が5万石を得ていました。

 

県庁所在地となったあとは、県令三み島しま通みち庸つねによって近代的な官庁街づくりが行われ、いまでも山形市郷土館(旧県立病院)のような形で残っています。大正初期に建てられた旧県庁も見事なもので山形県郷土館「文翔館」として使われています。

 

山形の郊外の山寺にある立りつ石しやく寺じは慈覚大使の開かい闢びやくで、比叡山から伝教大師最澄以来の不滅の法灯を分けてもらっていましたが、織田信長による焼き打ち後の再建に際してはここから灯が分けられて里帰りしました。

 

県西部の山岳地帯にある湯殿山、月山、羽黒山を出羽三山といって修験道の聖地として知られていますが、そのなかでも羽黒山五重塔は東北で珍しい国宝建築物のひとつであり、2446段という石段は現代になって新しく作られたものを除けば全国で最長。

 

庄内地方の中心地で最上川河口にある酒田は、「本間様にはなれずとも、せめてなりたや殿様に」といわれた本間家の本拠地。南部の鶴岡は酒井家14万石の城下町で政治家の加藤紘一や相撲の柏戸剛(故人)もこのあたりの出身です。

 

山形県はフルーツ王国で、サクランボが有名ですが、近年のヒットは洋梨の「ラフランス」。生食用としても洋菓子の材料としても高い人気を誇っています。山形は山菜にも定評があって、ゼンマイなどがよく知られています。紅花はもともと染色材ですが、黄色に赤みが混じった鮮やかさは夏の風物詩でもあります。

 

「五月雨を集めてはやし最上川」という芭蕉の句で知られる最上川は日本三急流ですが、最近では冬場の雪見船が成功しています。秋にはあちこちの河原で「芋煮会」が開かれており、大鍋で里芋、牛肉などを煮るのですが、とくに9月の第1日曜日には3万食を振る舞う「日本一の芋煮会フェスティバル」が山形市で催されます。

 

樹氷で知られる蔵王山は宮城県との境、日本海に影を映す鳥海山は秋田県との境にありますが、いずれも山形県の山としてのイメージが強いイメージ。温泉ではかつて鉱山がにぎわっていた頃の面影を残す銀山温泉に風情があり、新潟県境に近い温海温泉の温泉旅館「萬国屋」は地理的条件の悪さを克服した成功例として知られています。

 

一般に東北各県は進学率や有名大学の合格率が低いと言われていますが、山形県では受験体制づくりに力を入れ、とくに山形東高校などを重点校にしました。このような方針に山形県民からは賛否両論がありますが、他の東北各県に比べて良い数字が現実に出始めているのは確かです。

更新履歴